MENU
おもちゃ

子どもの反応がバツグンによかった”音の鳴るおもちゃ”3選【0歳後半〜】

子どもの反応がよかった"音の鳴るおもちゃ"3選

前回、【0歳前半の頃に買ってよかった、もらってよかったおもちゃ】の紹介をしました。

https://maivil.blog/2020/02/21/toy0/

0歳前半の頃から、音楽や効果音の鳴るおもちゃが大好きだった息子。

2歳7ヶ月になった現在でも、音楽がかかってたり、おもちゃの音を鳴らしたりするのは楽しいようです。

現在、生後8ヶ月の妹も、同じおもちゃで楽しそうに遊びます。

“我が家的買ってよかったおもちゃ”を今回もピックアップして、実際遊んでのイイ反応やデメリットなど書きました。

おもちゃ選びの参考になればと思います!

こんな人に読んで欲しい!
  • 子どもにおもちゃを買いたいけど、何を買ったらいいかわからない
  • おもちゃを実際に使った0~2歳の子どもの反応が知りたい
  • 音が鳴るおもちゃのおすすめを知りたい
  • 音の出るおもちゃの口コミを調べてる

音の鳴るおもちゃ1.”フィッシャープライスのボンゴボンゴ”

生後7ヶ月頃に買ってもらう

生後数ヶ月の頃から、プーさんのメリーで音楽を鳴らしたり、歌を歌うと喜ぶ息子でした。

赤ちゃんにオススメのおもちゃ3選
【0歳前半編】買ってよかった、もらってよかったおもちゃ紹介長男が0歳の頃から使い続けているオススメおもちゃの紹介です。今回は、プーメリー、ハンドトイ、いないいないべぇ人形の3つを紹介しています。誕生日やちょっとしたプレゼントを検討している人は参考にしてください。...

孫大好きなおばあちゃんが、「音の鳴るおもちゃ何か他にもほしいね」と、息子生後7ヶ月の頃に、おじいちゃんと一緒に西松屋に選びに行ってくれたおもちゃです。

形を変えると音楽も変わる

ボンゴの形
フィッシャープライスボンゴボンゴ
両サイドに叩く面がある
形変えたボンゴ
2種に形を変えることができます。

形が変わると音楽も変わるので、たまに形を変えると目をぱちくりさせてました。

叩くと光る

一度ポンと叩くと音楽が鳴るんですが、その間はずっとチカチカ光ってます。

光るのも気になるのか、特に最初の頃は、ジッと見ていました。

はいはいを促す

ボンゴを追いかける娘
両サイドに叩く面がくる形に変えると、転がすことができます。転がしながら音楽が鳴る仕組みなので、太鼓を追いかけて、よくズリバイしてました。

もともと、ずり這いしたくても、後退してばっかりだった息子。ボンゴを転がすことで、触りたそうに追いかけていたので、前進を促せたよ。

ちなみに写真は妹です。

音量が2段階調節できる

音量は、「小」と「大」の2段階調節が可能。

「大」だと大きいかな、と思っても、「小」だとだいぶ控えめなので、夜はちょうどいい音量です。

しばらくは気づかず遊んでたけど、指先が起用になると、自分で音量もいじれてくるんだよね。

静かになるととりあえず叩く息子

他の遊びをしていても、「音楽が鳴ってない」と気づくと、自分でポンと叩いていました。

一回叩くと8~10秒ほど音楽が鳴るため、続けて叩くとほとんどBGM状態です。

ノリノリ音楽なので、鳴り始めると身体でリズムを取っていました

生後7ヶ月から妹も遊ぶようになる

ボンゴで遊ぶ娘
妹も反応がよくなってくると、お兄ちゃんが太鼓を叩くことでニコニコ笑うようになりました。

自分でも遊べるようになって、たまに叩いて光る太鼓をジッと見る娘。

まだ上手に身体を動かせないこともあって、勢いよくバン!と叩くこともあるけど、頑丈なので壊れません。

横についてるカラカラ?を兄妹ともよく触ってます。

デメリット

一旦叩くと鳴りっぱなし

太鼓みたいに、叩くごとにポンと鳴るものでなく、一回叩くと音楽が鳴り続けます。人によってはデメリットかもしれません。

最初は「これじゃない」感がありましたが、息子も娘もむしろ楽しそうなので、我が家には意外にもメリット。

でも、普通に叩いて遊べる太鼓も欲しいかも。

結構高い!?

息子がおじいちゃんに買ってもらったときより、値上がりしてるような気がします…。

でも、我が家ではかなり使いまくってるお気に入りなので、紹介しちゃいました!

音の鳴るおもちゃ2.”フィッシャープライスのバイリンガル・ラーニングボックス”

対象:6ヶ月ころから

知育系のおもちゃで遊ばせてみたいと、息子が生後10ヶ月の頃、孫loveなおばあちゃんが買ってきてくれました。

対象年齢は6ヶ月から!いろんな遊び方ができるようになってるから、2歳7ヶ月の今でも、飽きずに遊んでるよ。

おばあちゃんちに置いてあって、遊びに行くと、いつも出しておいてくれます。

1歳になる前から、自分からボタンを押したり触ったりしていました。

遊びに行くと、必ずいじってるおもちゃの1つです。

バイリンガル音声で日本語と英語のアウトプット

色や数字を、英語や日本語の音声で教えてくれます。

ABCソングや数え歌も入ってて、一緒に口ずさんでることがあります。

商品名に”バイリンガル”と入ってるだけあって、英語と日本語のちょっとしたお勉強に。

音声をマネることで、自然にアウトプットができちゃってます!

2歳3ヶ月長男、DWEを始めて1年9ヶ月オーディオCAPに挑戦!ディズニー英語システムを始めてから1年9ヶ月、息子2歳3ヶ月になりました。オーディオCAPにも手を出し始めているこの頃の成長具合を綴ってます。...

ノリノリな音楽

ABCソングや数え歌がノリノリ音楽なので、よく自分で音楽を鳴らして笑ってます。

他にも、音楽の鳴るカラフルな3つの鍵盤を押すのが好き。これも、音楽に合わせて身体を揺らしてます。

2歳前には型はめにもハマる

ラーニングボックスで遊ぶ息子

型はめブロックもあります!

これは0歳の頃は、色や形の名前を教えながら、おばあちゃんが入れて見せていました。

おばあちゃんが上手に入れると興奮して喜んでたよ。型はめブロックは歯固めにもなってたな。

2歳を過ぎた今は、自分で形や色を言いながら、ポンポン入れていきます。

褒めると大喜びで、「しゅごーい!」「できたねぇ〜〜!」と大興奮します。

音量を変えられないのがデメリット

音の大きさを調節できないのは、デメリットです。

いろんな音や音楽が鳴るおもちゃなので、音を小さくできないと気になってしまいますよね。

子どもは全然気にしないのですが、親の方が「うるさいな〜」と思うことがあるかもしれません。

小さい弟や妹がいるとなおさらですね。

音の鳴るおもちゃ3.”アンパンマン にぎって! おとして! くるコロタワー”

対象年齢は1歳6ヶ月〜

我が家は、生後9ヶ月くらいの時に購入しました。

対象年齢は1歳6ヶ月なので、「早すぎるんじゃ…?」と思いますよね。

でも、9ヶ月の息子は、ボールプールにあるサイズのボールなら、手で上手に掴んで遊んでいたので、「だったらうまく遊べるかも!」と、これまたおばあちゃんが買ってくれました。

握って入れる動作

クルコロタワーで遊ぶ息子

“ボールを握って”、”穴の中に落とす”という動作。0歳児には難易度が高そうですよね。

もちろん、最初はできなかったから、おばあちゃんや私が、息子の目の前でボールを入れて、それを見て喜んでた感じ。

生後10ヶ月くらいになると、ボールを掴んで、なんとか入れたそうにはしてましたが、まだ上手に腕を動かせなくて、できませんでした。

ですが1歳になるころには、手先や腕の動かし方が上手になってきて、うまく遊べるようになりました。

ボールを両手に1つずつ持ってカチカチ鳴らすのも楽しかったみたい。

くるくる回りながら落ちていくボール

アンパンマンの頭のてっぺんに入れたボールが、くるくる周りながら落ちていく様子を、真顔でガン見することもありました。

入れるのに慣れてくると、3つくらい連続で入れて、次々落ちていくのを楽しんでいた様子です。

明るくノリノリの音楽

ボールが落ちていく時に、音楽が鳴るのですが、息子は体ごとノリノリ。

買って1ヶ月、生後10ヶ月くらいの頃には、音楽にノッて楽しんでいました。

ボールを入れるたびに音楽が鳴るから、3つも連続で入れると、音楽が途切れ途切れになってたよ。まあ、遊び方に正解はないからいいか!

褒めてくれるアンパンマン

ボールを入れると、「やったやった!」「じょうずじょうず」とアンパンマンが褒めてくれます。

この声に合わせて、おばあちゃんが「上手だね〜!」とか褒めてくれたおかげで、「何かできたら褒めてもらえる!嬉しい!」という感情を覚えたと思います。

2歳7ヶ月の今も、くるコロタワーに限らず、何かできると、自分で「じょーずね」「しゅごーーい!」と、自分を褒め称えまくって飛び跳ねて喜ぶよ。

カラフルなボール

くるころタワーボール
キャラクターが書かれたボール、色もカラフルです。

言葉が分かるようになってくると、

  • 「ぴんくぼーる」
  • 「みじゅーろ(水色)」
  • 「きどり〜(黄緑)」
  • 「あんまー(アンパンマン)」
  • 「きーまー(バイキンマン)」

など言いながら、入れることも。

1歳になる頃にはすっかり上手

くるころタワーで遊ぶ息子と娘
上の方にも書きましたが、1歳になる頃にはだいぶ上手に遊べるようになりました。

2歳7ヶ月になった今は失敗なく、ぽんぽん入れていきます。

「妹に見せてあげて〜」って言うと、妹の目の前でやってみせてくれます。

現行バージョンはほっぺが光る!?

我が家で購入した時よりバージョンアップしてるみたいで、アンパンマンのほっぺが光ったり、ボールのデザインが変わったりしてるようです!

デメリット2つ

ボールが引っかかっちゃうことがある

アンパンマンの頭の穴にボールが引っかかって、落ちていかないことがあります。割と結構あります。

落ちていかないことに慣れた息子は、引っかかっても自分で上手に解消できるようになりました。

トラブル対処能力が身につくんじゃないかな!とポジティブに考えてます

音量は変えられない

音が大きめなので、慣れるまでは、音量調整できないのは残念でした。

慣れてくると、全く気にならなくなるんですけどね。

0歳後半〜の子どもにオススメ『音が鳴るおもちゃ』まとめ

以上、3つの「音が鳴る系のおもちゃ」の紹介でした。

親がCDをかけたり、テレビから流れる音楽を聞くのとは違って、自分がアクションすることで音が鳴るというのが、面白いのかもしれません。

余談なのですが、音楽がかかると、身体がリズムを取るのって、人間の本能なんでしょうか。

息子は、2歳になる前くらいに、「スクール・オブ・ロック」という映画で、ロックな曲が流れたとき、勝手にヘドバンを始めたんですよね(笑)。

その前にもヘドバンしてたこと1回あったなぁ。

親がヘドバンを見せた記憶も無いし、テレビでヘドバンシーンを見たこともないと思うんですけど…不思議です。

0~2歳児にオススメの絵本
0~2歳児にオススメの絵本は?選び方や我が家の子どもの反応も紹介!赤ちゃんに絵本って、いつから読み始めたらいいの?選び方は?おすすめは?息子0歳の頃は、全然わからなかったですが、今は、とにかくなんでもいいから読み聞かせることかなって思います。...