MENU
教材活用

DWEゲームカードの内職・活用方法【1〜2歳児向け】

ゲームカード一部内職しました
DWEのゲームカードの内職ってどんな感じ?

DWE歴1年5ヶ月になり、「Fun With Words」に含まれる教材”ゲームカード”のカンタンな内職をしました。

まだカードゲームは難しいけど、タッチペンなら使えるくらいの年齢のお子さんになら、活用できる方法かと思います♪

内職した結果の、我が家の2歳3ヶ月の長男の反応も書いていくよ!
グーミーズはおうち英語の補助教材として活用!
グーミーズ幼児英語DVDの効果は?【DWEユーザーの口コミ】グーミーズは幼児英語の補助教材として効果的!我が家では、DWEを利用中。でも、それだけだと飽きることもあります。DWE以外の英語の映像教材もほしいと思っていました。が、WWKもなかなか高額。そこで、ある時偶然発見したグーミーズ。さっそく、補助教材として購入し、効果を感じたのでレビューします。...

DWEのゲームカードとは?

アルファベットや数字、様々な単語の勉強がメインのゲームカード。

DWEの歌やストーリーと関連づいてる教材の一種ですね。

  1. ミッキーマジックペンを使って、音声を聞きながら遊ぶ4種のカードセット
  2. トークアロングカードと対応して遊べる2種のカードセット

があります。

うちでは、上記のマジックペン対応の内の2種の内職をしました。

Letters

DWEゲームカードLetters

Numbers/Colors

DWEゲームカードNumbers/Colors

なので、この2種類のゲームカードの活用方法について解説します。

その他↓のカードは未使用で、今後どう使うか検討中です。活用するのは数年後になるかもしれません。

DWEゲームカードその他

DWEゲームカードの内職が必要な理由2つ

DWEのゲームカードは、内職した方がよさそうです。

理由は以下の通り。

  1. 箱に仕舞いっぱなしになりやすいから
  2. ガイドブックに書かれた遊び方は低年齢だと難しいから

理由①箱に仕舞いっぱなしになりやすいから

シングアロングのセットに含まれているポスターをダンボールに貼って活用している話は、以前書きました。

>>シングアロングポスターの活用方法

ゲームカードも、「使おう!」と気合を入れないと、箱に仕舞いっぱなしで、使わない可能性があります。

特に年齢が小さい内は、折り曲がったり散らかったりするため、「もっと大きくなってから使おう」と思いがちではないでしょうか?

私自身が、昔DWEを使っていた時も「このカードは全然使ってない、使い方がわからなかった」と母にも言われました。

昔はマジックペン対応ですらなかったので、使う機会を見失いますよね…使い方ガイドはちゃんとあったけど…

>>DWE過去の体験談

理由②ガイドブックの遊び方は低年齢だと難しい

カードの遊び方を知るため、公式のガイドブックに目を通しました。

ゲームカードガイド

すると、以下のような遊び方が載っています。

  • 神経衰弱やかるたのようなゲーム
  • カードを順番に並べるゲーム

「3歳前後になれば、できるようになるかな?」くらいの難易度かな、と思いました。

少なくともウチの2歳3ヶ月の息子は、やり方を教えても集中力が続かなさそうな印象

1〜2歳の子どもにはまだ難しいゲーム内容。

内職しなければ、使わないままになってしまいそうです。

【結論】DWEゲームカードは壁に貼ると目に留まりやすい!

DWEゲームカード内職
ゲームカードの活用方法、インスタなどを見ていたら、ありました!

カードを並べて壁に貼る方法は、実践している人が多かったです。

なるほど、ゲームカードはマジックペン機能あるし、とりあえず目に留まる場所に貼れば、タッチして一緒に遊べるかも。

そんなわけで、「ABC」「Number/Color」のカードを、クローゼットの扉と、棚の側面にマスキングテープで貼ってみました。

  1. カードをABC順に並べる
  2. つなぎ目(裏面)をマスキングテープで繋ぐ
  3. 両端をマスキングテープで扉に貼る

以上の単純作業で終了。

マスキングテープなので、いじられたら剥がれやすいのですが…

でも、貼り直せばしばらくもつし、とりあえずこのままでいいかなと。

ペンをもたせて「ここタッチだよ」と言うと、結構タッチして遊ぶようになりました。

ちなみにゲームカードは、最初にカードが入った箱をタッチしないとマジックペンが反応しません。

なのでゲームカードの箱も、並べたカードの上の方にそのまま貼っています。

DWEゲームカード箱を壁に貼る

余談:DWEゲームカードはポスターとも併用して活用できる!

私がシングアロングポスターに描かれてる「Teapot」を指して、「これなに?」と聞くと、息子が急に、壁に貼ったABCカードの方に行って、同じ「Teapot」を指さして喜んでました。

ゲームカードとポスターに描かれたteapot
「そんなところにも’Teapot’あったんだ!」と私が驚いちゃった。

ほんと、子どもは親が思ってる以上に、よく見ていろいろ吸収してますね。

ポスターとゲームカードで、”同じ単語を探せゲーム”とかできるようになったら、楽しそうです!