母体のこと

産後9ヶ月で乳腺炎になった話|考えられる原因と対処法まとめ

産後9ヶ月目に乳腺炎になった話

こんにちは。ママライターmaiです。

この記事は、長男出産後9ヶ月目に、乳腺炎になった時の記録です。

実際に病院受診をして診断されたわけではないので、症状から「多分そうかな」という感じ。

看護師ママ仲間に話したら「それは確実に乳腺炎だね」と言われました。

40℃の高熱が出たときは、流石にキツかったです。でも、発症から一日も経たずに、症状はすべて無くなりました。

同じような症状のあるママさんの参考になればと思います!

乳腺炎というと、産後1~2ヶ月頃に発症しやすいみたい。完全に油断しきってた9ヶ月目にまさかの発症だったよ。

産後9ヶ月で乳腺炎を発症した時の経過

急な熱っぽさと怠さ

朝は普通にご飯を食べて、DVDを見ていました。この時は兆候ナシ。

お昼ごろ、急に微熱と若干の悪寒を感じ、熱を測ってみると37.2℃

大したことないでしょ!ってくらいの微熱。でも、平熱が35℃台の私にはなかなかの上昇具合!

インフルエンザと同じような、あまり動きたくない気怠さでした。

左乳房が痛い?

思い返してみると、朝から左乳房が痛いような気がしていました

張っている感じはナシ。

「息子が母乳を飲みきってないな」ってときの痛みは、もともと、たまにあったから、気にしなかったんだよね。いつも、その後の授乳で、残ってる方から飲んでもらってたし…

ガチガチに固まってるような硬さもナシ。いつもどおり柔らかいけど、押したり揉んだりすると痛いな、くらいでした。

微熱を感じてから急激に体温上昇!

微熱を確認後、30分も経たず、39℃、40℃と上昇!

ものすごいダルさと、息のしづらさに襲われました。

パパに「横になっときなよ」と促されたので、お言葉に甘えることに。息子の面倒見はパパに任せ、布団でぐったり。

「これはまさか乳腺炎かな…」と思いましたが、この日は日曜日。病院は休診。

自宅で対処療法するしかなかったよ。

乳腺炎発症の考えられる原因

助産師さんに「乳腺炎に罹る人多いから気をつけて」と退院前の指導がありました。

なので、出産直後は、食事や授乳姿勢に気を使ってました

が、罹りやすいと言われる、授乳し始めの1〜2ヶ月の時期に、なんとも無かったんですよね。そのせいもあり、気をつけることも忘れてました。

今回、私が乳腺炎に罹った”原因と思われるもの”を、考えてみたよ。

食事は禁忌のものばかり

産後半年過ぎてからは特に、

  • ポテトなどの油もの
  • 牛乳やチーズなどの乳脂肪分
  • 糖分の多いおやつ
  • ジュース

等、摂取しまくってました。

まさに、発症前日の昼は外食で、ハンバーグにポテトにジュース!

その夕方には、スナック菓子を2袋も…

もちろんパパと半々だけどね!

極めつけは、発症当日朝の、エクレアかもしれないですね。

同じ姿勢での授乳

生後9ヶ月の息子。離乳食が進んで、授乳回数が減ってきてました。

なのに、授乳姿勢はいつも同じになってたんですね

とあるところに、作られてるのに分泌されない母乳が、たまり続けてたんだろうな。炎症を起こすほどに。

お湯に浸からなかった

毎日、お風呂では湯船に浸かってました。でも、発症前日はシャワーのみ。

お湯に浸かると、血流がよくりますよね。体が温まると同時に、溜まってる母乳もスーっと出てきてました。

でも、今回はシャワーで済ませたので、もしかしたら溜まってた母乳も分泌されずに停滞したのかも。

その後、授乳もせず、そのまま寝かしつけちゃったんだよね。これが極めつけだったかな。

乳腺炎発症した時にした自宅での対処法

ちょうど、パパががお休みの日でした!子どもの面倒を見てくれたり、看病してくれたり…助かりました。

とにかく横になる!体を休める

40℃の高熱ということは、体が細菌やウイルスと戦ってる証拠。体がだるくなるのは「休め」と信号を出してくれてるということ。

その日は、パパががいたので「無理に動くこともないか」と思い、素直に体からの信号に従うことにしました。

ワンオペで子ども見てたら、なかなか休めないよね。少しでも横になれるといいんだけど…

解熱剤飲む

夫が常備しているロキソニンが自宅に。軽くお昼ご飯を食べたあと、飲みました。

体が病原体と戦うための発熱。このまま様子を見ようかとも思いました。

38℃までだったら様子見でもいいかもしれません。でも、流石に40℃を超えると、内臓が異常をきたしてしまうかも…

「若いから大丈夫!」と思ってても、意外に危険なことも多いと病院勤務で学んだので、過信はせずに。

それに、40℃も発熱してたら、解熱剤を飲んでも、38℃くらいまでしか下がらないしね。

冷えピタシートで体を冷やす

パパがコンビニに買いに行ってくれた冷えピタシート!

とりあえず首筋に貼りました。太い動脈が通ってるので、頭の熱を下げるのには、額を直接冷やすよりも効果的。

脇の下や太ももの付け根にも、太い動脈が通ってるよ。合わせて冷やすのにオススメ!

解熱剤の効果が出るまでは、これで結構楽になりました。

水分補給

発熱すると、やっぱり汗がすごいですね…

パパがが普段から飲んでるスポーツドリンクがあって、助かりました。

「とにかくこれ飲んどきなよ」と言ってくれたので、お言葉に甘えて。

こまめに水分補給をしないと、脱水の危険も…脱水こそ、内臓が弱るリスクが高まってしまいます。

今回は、アクエリアスのようなスポーツドリンクだったけど、体調不良の時の栄養&水分補給には、飲む点滴と言われるポカリスエットが最適かも。

滋養強壮剤

これまたパパが毎日飲んでる栄養剤をもらいました。

疲労回復に効果的という”タウリン”が配合されたものです。

こんなドリンクを飲む時は、妊娠・授乳中でもOKか、必ずチェックしとこう!

食欲もなかったのでウィダーinゼリーを飲む

これもパパが買ってきてくれました。久々に飲んだウィダーinゼリー!

食欲は無くても、高熱は体力を消耗します。エネルギー補給は必須ですね。

乳房マッサージで母乳を出す!

とにかく、”しこり”っぽくなってるところを中心に、乳房マッサージをしてみました。それで、母乳をひたすら出しました。

私はお風呂に浸かりながらやりましたが、血流がよくなることで、母乳が作られすぎるのが良くないことも。

マッサージで乳腺を傷つけるリスクより、子どもにおっぱいを飲んでもらうのがベストなようです。

授乳の回数が減っていたので、飲んでもらいたいときに飲むのを拒否られ、マッサージにしました。

とにかく授乳

やっぱり、子どもにおっぱいを飲んでもらうのが一番の対処法だと思います。

機嫌の良さそうなタイミングで、いつもと違う姿勢で飲んでもらいました。いつもより長めに。

赤ちゃんが夜中に起きなくなるたった一つの方法
赤ちゃんが夜中頻繁に起きるときの我が家の対処法紹介!赤ちゃんが、夜頻繁に起きるときの寝かしつけについて。結論を言うと、我が家では、胎内音を聞かせ続けたことで、娘は1人で寝られるようになりました。この記事では、授乳や添い乳、抱っこやお腹トントンせずに寝るようになった経過について、まとめています! ...

まとめ

1日対処したおかげか、発症から一日も経たず、症状はすべて無くなりました。発症翌日には回復!

今回発症した原因の考えられるものとして、

  1. 偏った食事
  2. 同一姿勢での授乳
  3. 体を暖めなかった

と、挙げました。

なので、予防としては、上記とは逆のことを徹底することですね。生活習慣を見直さねば…しばらく気をつけます。

経験者が考える乳腺炎の予防法!
  • ジュース類、お菓子、乳脂肪分、糖分や油分の多い食事を控える
  • 和食を中心とした食事
  • 授乳の姿勢を都度変える
     →横抱きだけでなく、縦抱きやフットボール抱きも
  • 毎日入浴または足浴
     →体を温めリラックスできるように
夜間断乳とは?我が家の実践方法と、その後の寝かしつけがラクになった話こんにちは。 ママライターmaiです。 息子1歳半現在、日中卒乳+夜間断乳を乗り越えました。離乳食が進み、ご飯やおやつを食べるこ...
take a break
イラッとしちゃう時、1人になりたい時どうしてる!?自己流の対処法紹介!毎日毎日、子供たちと過ごしてると、イライラしちゃうこともありますよね。でも、イライラを子どもにぶつけたくはないんです。落ち着くためにどうしてるか自己流の対処方法書いてます!...