絵本

“こぐまちゃんえほん”を読み聞かせた2歳息子の反応とカンタンな内容紹介

こぐまちゃんシリーズレビュー

こんにちは。ママライターmaiです。

息子が2歳7ヶ月になって、意識的に絵本の読み聞かせをするようになりました。

今までは、”しかけ絵本”のようなインパクトのあるものじゃないと、見たり聞いたりすることがなかったので、普通(?)の絵本は避けてきたんですが…

0~2歳児にオススメの絵本
0~2歳児にオススメの絵本は?選び方や我が家の子どもの反応も紹介!赤ちゃんに絵本って、いつから読み始めたらいいの?選び方は?おすすめは?息子0歳の頃は、全然わからなかったですが、今は、とにかくなんでもいいから読み聞かせることかなって思います。...

0歳の娘にも同時に読み聞かせるつもりで、中古で買って読んでなかった本達を引っ張り出してきて、最低でも1日4冊は読むようにしてます。

その中でも、”こぐまちゃんシリーズ”はウケがイイので、おすすめとして紹介していきますね。

こんな人に読んでほしい記事
  • 読み聞かせにオススメの絵本を探してる
  • プレゼントにオススメな絵本を知りたい
  • こぐまちゃん絵本の対象年齢がわからない
  • こぐまちゃん絵本を読んだときの子どもの反応を知りたい
  • こぐまちゃん絵本の値段を知りたい

こぐまちゃんえほんシリーズとは?

こぐまちゃんやしろくまちゃんの、生活の一コマを切り取ったお話。子どもの生活と馴染み深い内容のためか、息子の食いつきが良いような印象です。

アマゾンなどの口コミもとっても高評価で、ロングセラーなシリーズ!

何歳くらいから読み聞かせたらいいの?

こぐまちゃんえほんの対象年齢は0~3歳

こぐまちゃんシリーズは、公式サイトによると、“0歳から3歳くらいまで”が対象のようです。

色がカラフルで全体的に明るいので、子どもの目を引きつけてくれるような印象の絵本ですね。

長男が絵本に興味を持ち始めたのは2歳

絵本って、何歳くらいから読み聞かせたらいいのか、悩ましいですよね。息子が0歳・1歳の頃は、絵本自体に全然反応がなかったので、読んでいませんでした。2歳になって、しかけ絵本ならよく見聞きするようになったんですね。

0~2歳児にオススメの絵本
0~2歳児にオススメの絵本は?選び方や我が家の子どもの反応も紹介!赤ちゃんに絵本って、いつから読み始めたらいいの?選び方は?おすすめは?息子0歳の頃は、全然わからなかったですが、今は、とにかくなんでもいいから読み聞かせることかなって思います。...

2歳7ヶ月になって、こぐまちゃんシリーズ含めた絵本を毎日読み聞かせ続けていたら、よく聞いたり、言葉をマネしたり、読んで〜と絵本を持ってくるようにもなりました。

0歳でも意外に言葉を聞いて覚えてる!?

赤ちゃんが聞いてなくても、”言葉のインプット”って意味では、0歳の頃から読み続けてもよかったかもしれません。

息子が0歳の時に歌って聞かせてた歌なんかも、しばらく歌ってなかったのに、言葉を喋れるようになってから突然言葉にしたこともあったので、聞いてないと思ってても、ちゃんと聞いて覚えてるようです!

なので、今8ヶ月の娘も一緒に読み聞かせてますが、言葉を吸収できてるんじゃないかな、と思ってます。読んでると絵本を食べにきますけどね(笑)

0歳からの語りかけ、読み聞かせ大事ですね!!

こぐまちゃんえほんシリーズの内容と息子の反応

こぐまちゃんありがとう

どんなお話?
  • こぐまちゃんが、「ありがとう」って言ってもらえるから、いつもお手伝い頑張ってるよ
  • 自分も、してもらって嬉しかったことに、「ありがとう」って言えたよ

といった、「ありがとう」を使う場面を教えてくれると同時に、ほっこりさせられる内容のお話。

息子が、こぐまちゃんがお皿を運んでるのを見て、「おしゃら(お皿)!」と反応していて、お手伝いの場面的なことがわかってそうだな、と思いました。

息子も、食べたあとにお皿を運んでくれることがあるので。

我が家でも「ありがとう」は1日に何回も使っているので、お話の内容自体も、なんとなくわかっているかもしれません。

ちなみに家では「ダディ」「ママ」と呼ぶ息子ですが、絵本の「おとうさん」「おかあさん」が同じ意味なのも理解してるようです。

“絵本を読み聞かせる”ことは、普段自分たちが使わない言葉もインプットできるから、言葉の理解がどんどん増えるんだ、と実感した1冊。もっと早く読み聞かせしとけばよかったなぁ。

こぐまちゃんとどうぶつえん

どんなお話?

こぐまちゃんとしろくまちゃんが、動物園に行くお話。
動物がどうやってご飯を食べてるのか、うんちをしてるのか、などの、動物の生活を、こぐまちゃんたちのセリフや絵で学べます

もともと名前を知ってる動物もいるからか、「ぺんぎん!」「きりん!」など反応します。他では見たこと無い動物の名前も、この絵本で覚えかけてます。

実際の動物園にはまだ行ったことない息子。繰り返し読んでから行ったら、楽しめるかも、と思ってます。

さよならさんかく

どんなお話?

モノの形や色について、いろんな絵を例に出して教えてくれます。
1ページまるごと、いろんな丸いモノ、三角のモノ、四角いモノ等など書かれてるページがたくさん。モノの名前を1つずつ教えるのも楽しいかも。

テンポよく読めるので、よく聞いててくれます。まる、さんかく、しかく、などなど、形や色の名前は結構覚えてるので、あとに続いてマネしてしゃべることも。

「まるまる」って言葉が出てくると、絵をなぞって、「くるくる〜」と言ってみたり、子どもが勝手に応用してくれるのも面白いです。

しろくまちゃんのほっとけーき

どんなお話?

しろくまちゃんが、おかあさんとホットケーキを作るお話。頑張って作る様子が微笑ましい内容です。
擬音が多くて、子どもには面白いかも。

この本を読み出すと、息子は現実世界でホットケーキを食べたくなります。タイトルの「しろくまちゃんのほっとけーき」と読むだけで、「ほっとっけーき、たべりゅ〜」と言われるので、いつも最後に読みます(笑)

読み終わったら、冷凍の野菜ホットケーキをチンすると美味しそうに食べます。今後、絵本を見ながらホットケーキを一緒に作ってみるのも良いかも、と思ってます。

こぐまちゃんえほんの価格は?

1冊なら、それぞれ本体価格800円

全巻入った15冊セットなら13000円ほど。身長計がオマケでついてるようです。

セットで買っても、1冊あたりの値段は変わりませんね。1冊ずつで買ってみて、お子さんの反応によって増やすのが良いかもしれません。

あかちゃん用のボードブックも

0〜2歳の赤ちゃん向けの、ボードブックもあるみたいです。

ボードブックなら口に入っても、破れたりシナシナになったりしないので、オススメ!12.5×12.5cmのミニサイズなので、出かけるときも持っていきやすいですね。

このシリーズではありませんが、ミニサイズのボードブックの絵本は、息子が0歳1歳の頃、見せたり読み聞かせたりしてました。でかけ先でのぐずり対策にも大活躍!
0~2歳児にオススメの絵本
0~2歳児にオススメの絵本は?選び方や我が家の子どもの反応も紹介!赤ちゃんに絵本って、いつから読み始めたらいいの?選び方は?おすすめは?息子0歳の頃は、全然わからなかったですが、今は、とにかくなんでもいいから読み聞かせることかなって思います。...

こぐまちゃんえほんは誕生50周年!

ちなみに、こぐまちゃんえほんは誕生50周年を迎えたそうです!

そんなに歴史の長い絵本だとは知らずに読んでました。ロングセラーなんですね!

アマゾンなどの口コミでも、「自分が小さい頃に読んで印象に残っていて、子どもにも買った」といった内容も多かったです。

まとめ

シリーズものだと、絵に馴染んじゃえば、他のお話でも食いつき良さそうですね。そういえば、「ぐりとぐら」を自宅で読んで、同シリーズの別のお話を図書館で読んでみた時、よく見聞きしてました。

反応も良いし、全巻揃えたくなっちゃってます。最近、息子の反応もいいし、私自身もファンになりつつあるので、「買い足すときはこぐまちゃんシリーズ揃えたいな〜」なんてひそかに思ってます(笑)