子守り

子どもが指しゃぶりする原因は?やめさせるタイミングや方法を探って実践中!

指しゃぶり卒業に向けての取り組み

子どもって小さい時、特に赤ちゃん時代、指しゃぶりかおしゃぶりは必須。

下唇を吸う子も見たことがあります。すごくカワイイですよね。

でも、赤ちゃんの頃なら「カワイイ!」で済むけど、成長しても吸い続けていると、「いつまで吸うんだろう」「悪影響はないのかな」と不安にもなってきます。

我が家も、2歳7ヶ月長男と8ヶ月長女が、2人とも指を吸うのはクセになってます。

なので、自然にやめないのか、やめさせるならどのタイミングか、目安を知りたかったので、調べて実践してるところです。

まだまだやめるまでに1~2年はかかりそうですが、効果を感じている方法もあるので、紹介します。

指しゃぶりってなんでするの?

一般論

赤ちゃんの指しゃぶりは、本能的なもの、と言われてます。

お腹にいる頃から、しゃぶってるみたいですね!お腹の中にいるときの指しゃぶりは、母乳を飲む練習だそうです。

お腹が空いてるサイン、眠いときの母乳や哺乳瓶の代わり、とも言われてるよ。

大きくなってくると、自分で落ち着くために吸うようになるんですね。

長男の場合

長男は、特に眠いとき、指をしゃぶりがち。最近は、ママの胸の上で指を吸いながら寝ようとすることもあるから、おっぱいの代わりなのかもしれません。卒乳はだいぶ前だったんですけどね。

夜間断乳とは?我が家の実践方法と、その後の寝かしつけがラクになった話こんにちは。 ママライターmaiです。 息子1歳半現在、日中卒乳+夜間断乳を乗り越えました。離乳食が進み、ご飯やおやつを食べるこ...

他には、

  • 甘えたそうにこっちを見てる時
  • 知らない人に会った時
  • 知らない場所に行った時
  • 退屈そうな時

などに、よくしゃぶってます。

こうやって挙げてみると、よく指吸いしてるんだって改めて実感。

いつまで指しゃぶりするもの?

0歳では遊びで吸うことも

おしゃぶりにしろ指しゃぶりにしろ、遊びだったり安心感を得たりするもので、当たり前に吸います。

1~2歳では回数は減るが機会は多い

おもちゃや身体を使ってよく遊ぶようになるので、回数は減るかもしれません。

でも、眠い時や退屈なとき、まだまだしゃぶることが多いようです。

幼稚園卒園までに卒業する?

3歳以降では、友達とも遊ぶようになって、周りが吸ってないことに気づき、更に回数が減るそうです。

幼稚園卒園までに、ほとんど吸わなくなるとのこと。

小学校入学後でもしゃぶることも

割合は減るようですが、小学生になっても吸ってる子もいます。

なかなかクセが抜けず、やめるタイミングもなくて、続くこともあるようです。

自分の体験

実は、私自身、結構長いこと指しゃぶりしてた記憶があります。

多分、小学校低学年でもまだ吸ってたと思うんです。右手の親指にでかい吸いだこがあったのを、いまだに覚えています。

親や友達には見えない所で吸ってたような。だから私の母は、「幼稚園に入る頃には吸ってなかったんじゃないかな」と記憶してるみたい。

指しゃぶりが子どもに与える影響

歯並びが悪くなる

これに尽きますが、歯並びの悪さは、身体への様々な悪影響が考えられます。

  • 見た目の問題
  • かみ合わせが悪くなる
  • 食べ物が歯に詰まりやすく虫歯などのリスクが高い
  • 口臭も
  • 滑舌が悪くなる

自分自身、歯並びが悪い

私自身、歯並びはかなり悪いです。

上で挙げたように、笑った時の見た目は気になるし、食べかすの詰まりはしょっちゅう気になるし、実際虫歯になったことも…

中学生くらいのとき、矯正を勧められたこともあるんですが、

  • 価格が高い
  • 頭が痛くなることがある
  • 矯正中は器具をずっとつける

など、デメリットばかり気にして、やりませんでした。でも、「あの時やっとけばよかったなー」と、今ではちょっと後悔してます。

指しゃぶりをやめさせる方法は?

一般的に言われてる方法は以下。

本人の気持ちに寄り添う方法

  • 言葉がわかるなら、やめること、その理由を伝える
  • 寝る時はママと手繋ぎトントン
  • 遊んだり抱きしめたりして、退屈や不安を解消する
本人が、なんで指をしゃぶってるのか、しゃぶらないようにするには、どうしたらいいか、一緒に考えてみる方法ですね。

物理的に吸えない状況を作る方法

  • 指にテーピングしちゃう
  • 指に絆創膏を貼る
  • 指しゃぶり防止マニキュアを塗る
「舌触りが嫌だ!」「苦い!」って状況を作ることで、強制的に吸わせないようにする方法ですね。こちらは最終手段かな、と個人的には思います。

指しゃぶりをやめさせるための我が家での取り組み

寝る時に手を繋いで子守唄でトントン

2歳5ヶ月の息子に、指しゃぶり卒業に向けて、初めて取り組みを始めてみた時の方法です。

1日目

パパが、しゃぶってる指を外してみると、大変なギャン泣き。別部屋で作業してた、私の部屋まで助けを求めにきた息子。

あまりに泣くので、一緒に寝室に行って添い寝しましたが、それでもギャンギャン泣いて暴れまわりました。

でも、歌を歌ってトントンしたり、手をニギニギしてると、次第に落ち着いてきて、寝落ち。

何十曲も歌った気がする

2日目

翌日も同じような状況だったけど、初日に比べると早く寝付けました。

やっぱり寝室を抜け出して私のもとに助けを求めにくるけど、その様子が必死に脱獄してるみたいだったらしい。

3日目

またまた私のもとに来ます。

落ち着かなさそうにウロウロしてましたが、泣きはせず、なにか耐えてるような表情をしてました。徐々に慣れたみたいですね。

現在は停滞中…

寝かしつけの時間になると、親の方が眠くなって、現在はサボってます。

でも、毎日続けることの効果はあるってことがわかったので、今後また試す予定!

辛抱強く声をかける

指しゃぶり卒業の方向にいこうと決めたとき、「チュパチュパはおしまいだよ」って一言伝えながら、しゃぶってた手を外しました。

その後、指をしゃぶってる様子を見かけたときに、「チュパチュパは?」って言うと、日中なら自分で指を外すようになったんです!

自分で、「ちゅぱちゅぱおんまい!」って言うことも。

また最近は頑なに外さないこともありますが…一進一退の繰り返しですね。

しゃぶってたら遊び相手になる

指をしゃぶってるところを見かけたら、なにか遊びに誘うとパッと指を外します。

そのまま遊ぶことに集中すると、全く吸わないので、やっぱり退屈で暇つぶしに吸ってることは多いみたいですね。

口から指を離せたら、褒めてあげる

しゃぶってるときに、「チュパチュパは?」と聞いて、自分で外すことができたら、「外せたね!」と褒めます。

すると、息子も「しゅごーーい!!」と大喜び。

成功体験を繰り返すのはアリですね。

指しゃぶりをやめさせるときの注意点

しゃぶってても怒らない

指しゃぶりは、落ち着くためにしてるのに、怒られると萎縮しちゃうだけ。

怒られると、余計にどうしたらいいのか、わからなくなるのが子ども。

親が知らないうちに、子どもが隠れてしゃぶることもありえます。

私が隠れてしゃぶってたのは、怒られるのがイヤだからなのか、恥ずかしかったからか、理由は覚えてないんですけど…。

なので、先述したように、我が家では、褒めることをメインに関わってみてます。

外せなくても「指しゃぶりはダメって言ってるでしょ!」などとは怒らないことが、大事です。

まとめ

私自身、指しゃぶりによる歯並びの悪さがあるので、息子や娘には、早めのうちから指しゃぶりを辞められるように、言い聞かせたいです。

なんでもそうですが、”怒る”って子どもの成長に悪影響なんですよね。なので、できたら褒める、を念頭に関わっていきます。

怒るより褒めるほうが、自分の気持ちもラク!
赤ちゃんが夜寝ない!どうしたら寝かしつけられる!?我が家ではネントレ実践我が家のネントレ実践方法について書きました。ネントレとは何なのか、知らなかった私達。やってみてよかったと思ったので、共有したくて。...