健診

1歳6ヶ月歯科健診

長男1歳9ヶ月になって、
やっと重い腰をあげて1歳半の歯科検診に行ってきました。

集団での1歳半検診と一緒に行われる自治体が多いみたいですが
私たちの住んでいる自治体では1歳半検診は医療機関受診なので
歯科検診はわざわざ歯医者さんでの受診でした!

きれいなエントランスでリラックス!

優しいかはわからないけどよかったよ〜
なんていう話を小耳に挟んだので
外から見た感じの清潔感もあり
行ってみました、近所の歯医者さん。

病院の待合室というよりは
どちらかというと美容院に近いような感じ。

ソファもオシャレ、キッズスペースもあり
「病院」とは思っていなさそうな息子は
すっかりリラックスモード。

それでもやっぱりずっと待っているのは退屈みたいで
ベビーカーから抜け出そうとするので
歌を歌ったりして落ち着かせながらの待機です。

バナナ味の歯磨き粉で口の中を観察

少し待って呼ばれたのは
歯医者さんでは初入室の個室。

個室に置いてあるいろんな器具や診察台を見ても
診察台に私と一緒に座っても
落ち着いていた息子。

優しそうな女性の歯科衛生士さんに
「じゃあ私の膝の上に頭を乗せてくださいね〜」
と言われたので
私の膝上に足側、衛生士さん側に頭を倒すような形に。

そして美味しそうな歯磨き粉の選択。
4種類くらいのフルーツから
どれが好きかな〜?と聞かれ、
とりあえずバナナ味を選んでみました。

それを歯ブラシにつけ
衛生士さんがいざブラッシングを試みようとすると
ここで大泣き!!

「いたいたーーーい!!!」
とこんなにハッキリ日本語言ったことないな!
ってくらいの、最早とてもいい滑舌で叫んでいました。

美味しくは…なかったのかな?笑
終始泣き叫びっぱなしの息子の口の中を
歯ブラシでシャカシャカ磨きながら
「いたくないよ〜」と優しく声かけもしてくれ
ササッと観察し終えた衛生士さん。
さすがプロ…!

歯並びの悪さを指摘される

もともと私が歯並びは結構悪く
口の形が似通っている息子は完全に遺伝したのでしょう。

歯並びが悪く、虫歯になりやすいと言われてしまいました。

歯と歯が重なっている部分は特に要注意!

●おやつにビスケットやせんべい、
 蒸しパンを食べさせているけど
 これらはくっつきやすいから避けた方がいい。

●更に牛乳と一緒に摂取すると
 余計にくっつきやすくてよくない。

●バナナはOK。
●ゼリーとかサラサラしたものがいい。

上記注意点でした!

け、検討しておきます…
おやつ後は軽くブラッシングしようかな…

更に、
「大変だけどフロスを使って歯と歯の間の食べかすを
しっかり取ってあげた方がいいですね。
こんな感じで。まあ、大変ですよね…(苦笑)」
とも言われました。

衛生士さんが息子の前歯何本かを
フロスでブラッシングしてくれましたが
まあこの間もギャン泣きです。

泣いてくれていた方が磨きやすいのはありますが(笑)

…まじか。
ただでさえパパと二人がかりでブラッシングしているのに
更にフロス…!

できるかわからないけどとりあえず買っておきますと
伝えておきました。

ヨーグルト味のフッ素塗布

「最後に先生の診察がありますのでお待ち下さいね」
と衛生士さんが退席。

それで少し落ち着いたところで
またまた優しそうな女医さん登場!

そしてまた同じ姿勢にされるとギャン泣きでしたが
こちらもさすがDr.

3種類程の味からヨーグルトを選び
これまた手際よく塗布と口腔内の観察が終了。
塗布するフッ素も味付きとは!

口の中の粘膜は問題なし、
今の所虫歯は見当たらない
とお墨付きをいただきひとまず安心です。

とりあえず
虫歯になりやすいという指摘を受けたので
夜間就寝前の歯磨きは意識的に丁寧に
行っていこうと思います。

1歳10ヶ月現在の歯磨き事情

「歯磨きするよ!」
と声を掛けると
急ぎ足で洗面所に向かう息子。

歯ブラシを渡すとしばらくカミカミ。

さて、仕上げ磨きを!
と仕上げ用歯ブラシを用意すると
突然ギャン泣きし出すか
自分用のブラシを噛みながら
大人しくされるがままに横たわるか
のどちらかです。

ここ2〜3日はだいぶ落ち着いて
磨かせてくれるようになりました。

それでも手が出るので
パパに押さえてもらったり歌ったりしてもらって
やっと全体の歯がキレイに磨けます。

フロスは
もっと歯磨きイヤイヤになる前から
慣れさせたほうがいいのだろうか…
と思案しながらも
未だに手を出せずにいるところです。

歯の生え始め〜現在【利用している歯磨き粉】

歯が生え始めた頃に使っていた
pigeon 歯みがきナップ」↓
歯は生え始めてるけど
噛まれてもまだまだ痛くない!頃に使ってました。

pigeon ジェル状歯みがき」↓
こちらは生後6ヶ月頃から使えるもので、
離乳食が始まってしばらくして
歯が増えてきたかな?くらいの頃から
使っていました。
指を口に突っ込むと噛まれて痛い!という時期から
歯ブラシの出番だったような。

今回の健診後に購入した「Pigeon ジェル状歯みがき ぷちキッズ」↓
フッ素配合量が上記より多いので
この時期にはコチラの方を使うように健診で言われ購入。

フッ化ナトリウム(フッ素)配合量は次のとおりです。

「親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき」/100ppm
(生後6ヵ月頃からお使いください)

「親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき ぷちキッズ」/500ppm
(1歳6ヵ月頃からお使いください)

出典:Pigeon ホームページ 商品Q&A

まだまだうがいは出来なさそうなので
終わったあとは歯磨き用のガーゼを使って拭いてます。

拒否なく磨けるようになるのは
いつになることやら…