心房中隔欠損症 経過

先天性心疾患みつかる

こんにちは。

長男が生後4ヶ月のとき、心房中隔欠損症(ASD)肺動弁上部狭窄症と診断されていました。それから1年2ヶ月が経過。

看護学生時代、小児科の授業で心房中隔欠損症の話はなぜかとても印象に残っていました。
もしかしたらこの時のためだったのかな、なんて。
知識が残っていたおかげか、大きなショックを受けることなく診察を受けられたので、あのときの自分に感謝!

今回は初めて小児循環器の専門外来を受診したときの話です。

4ヶ月検診で発覚

4ヶ月検診を近医で受診したとき、先生が心音の聴診で見つけてくれました。

問題ないかもしれないけど、う〜ん、やっぱり雑音が気になるな…
一応大病院で診てもらってね
と紹介状をいただき、すぐに受診しに行きました。

初日は一般の小児科を受診。
ここでもやはり心雑音が気になると指摘を受け、おそらくASDだろうとの診断。
同院の小児循環器外来を紹介されました。

小児循環器外来受診

そしてまた後日、病院に行くと受診している子どもの人数が多いこと。。
循環器の専門外来に来ているということは
そこにいるのは心臓に何らかの疾患を持っている子達。
こんなにいるんだと驚きながら、いざ専門の先生の診察開始!

聴診、心エコー検査で、
心房中隔欠損症(ASD)と肺動脈弁上部狭窄症の確定診断をもらいました。

心房中隔欠損症

ASDは両心房の間の壁に穴が開いてしまっている病気のこと。
この穴の大きさはなんと10mm程と言われました。

心臓の全体の大きさは握りこぶし大と言われているので、
息子の小さな小さな握りこぶし程の大きさに1cmもの穴が開いているということは
結構大きいですよね。

それでも、放置していても40歳くらいまでは無症状で経過するのが一般的とのこと。
(加齢に伴い、心不全等の症状が現れるそう)

肺動脈弁上部狭窄症

肺動脈狭窄症は、その名の通り肺動脈が狭くなっているために血流が滞る疾患。

実は両疾患とも、右心室に負担がかかるものです。
先生は特にASDの穴よりも、
肺動脈の狭窄により生まれる圧からの右心室への負担を重視し、
その負担が大きくなっていないか診ていきたいとのことでした。

右心室と肺動脈の血圧の較差を診ていくそうです→今回は27mmHg

今後定期的に受診することに

もしかしたらASDは自然閉鎖の可能性あり、
肺動脈の狭窄は成長とともに拡張してくれるかも、ということで
しばらくは検査で経過観察となりました。
自然閉鎖しなければ、小学校入学前にカテーテル治療や手術を受けることになるかもしれませんと。

診察後、レントゲン撮影と心電図の検査も行われました。
まだ生後4ヶ月の息子はなんのこっちゃという感じで
おとなしく検査を受けてくれて終わりました。

次回は1歳半までの経過です!